ぺけとーぷ

キャラクターと共に生きていく

平型ポーチ作ったよ

デザインフェスタ

 

2017年11月にデザインフェスタvol.46に出展することが決まったので、早速グッズ制作に取りかかりました。

 

まずは、平型ポーチ

 

ペンケースや小物入れとしても使えるので汎用性が高く、創作活動をする方も重宝するのではないかと思い、前から作りたいと思っていました。

 

平型ポーチの作り方

 

1.どの業者さんに依頼するか選ぶ

 

デザインすることはできますが、一から自分では作ることは難しいので、まずは作って下さる業者さんを選びます。

 

といっても、自分の中ではすでに決まっていて、おたクラブさんにお願いしました。

 

f:id:peketope3:20170714211227p:plain

 

選んだ理由としては、おたクラブさんは何といっても印刷したときの発色がいいということ!

 

印刷デザインを学んだ方ならお分かりだと思いますが、印刷する場合は、作成するデータはCMYKにしなければいけません。

 

CMYK・RGBに関する詳しい情報はこちら↓

 

“CMYK? RGB?同じ色なんでしょ。 どう違うの?”そんなあなたへ色の個性を。-名刺作成の基礎知識編3 デザイン名刺.net

 

しかし、どうしてもCMYKだとくすんでしまう色があります。

思っていた色と違う!っていうこともしばしば・・・。

 

ところが、おたクラブさんではCMYKでもRGBでも印刷可能で、RGBでデータを作成した場合、CMYKに変換せずにRGBデータでお願いした方が、CMYKより鮮やかに印刷してくれるのです!

 

何でも、RGBに特化した印刷機を導入しているようで、高発色での印刷を可能としているのだそうです!

 

自分のイメージした色に近い色で印刷してくれるで、これは創作側からしたらとてもありがたいですね!

 

2.データを作成する

 

業者さんを選んだら、次はいよいよポーチのデザインをしていきます。

 

予め、おたクラブさんが提示しているテンプレートをダウンロードしておきましょう。

それにならってデータを作成していきます。

 

そして出来たものがこちら↓

 

f:id:peketope3:20170714220008p:plain

f:id:peketope3:20170714220005p:plain

今回は2種類作りました。

 

見せたい要素は、縫い合わせや巻き込み部分で見えなくなる可能性があるので、なるべく端っこに置かないようにしましょう。

 

3.データを納品する

 

データが完成したら、業者さんが指定した納品方法でデータ納品をしましょう。

今回は、psdデータでzip形式に圧縮します。

 

データ納品が完了したら、業者さんによるデータチェックの完了を待ちます。

データチェックが完了すると、キャンセルや変更などはできなくなるので、データを納品する前によくセルフチェックしておきましょうね。

 

あとは、指定された振込先に料金を支払って届くの待つだけです。

 

4.到着

 

届いたのがこちら!↓

f:id:peketope3:20170714215938j:plain

 

イメージ通りで、とてもいい感じ!

発色もいいですね!

 

こっちがルーカスくん

f:id:peketope3:20170714211241j:plain

f:id:peketope3:20170714211247j:plain

 

こっちがエミリアちゃん

f:id:peketope3:20170714211251j:plain

f:id:peketope3:20170714211256j:plain

 

ちなみに中身はこんな感じ

f:id:peketope3:20170714221844j:plain

f:id:peketope3:20170714221850j:plain

 

中身の色とファスナー部分の色は数点から選べるので、自分のデザインに合ったポーチに仕上げることができます。

 

感想

 

おたクラブさんは発色がいいので、クオリティーが高いグッズを制作したい方にはオススメですね!

 

どの業者さんに頼むのか迷った時に、選択肢の一つとして考えてみてもいいかもしれまんね。

会社を辞めてからしていたこと

このクソ暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。ぺけです。

 

さて今回は、3月に会社を辞めてから今までしていたを書いていきたいと思います。

 

バイトを始めた

 

会社を辞めたことで固定給が無くなったので、バイトを始めました。スーパーの惣菜を作る仕事です。

 

フリーランスで生きていくと決めても、初めは収入が全く無いので、まとまった収入は欲しいと思っていました。

 

ただ、フルタイムでは会社を辞めた意味がないので、午前中だけ働いて、午後からは自分の創作活動に打ち込めるようにしました。

 

バイトの月収がおよそ10万円。

フリーの仕事でその金額くらい稼ぐのが、今の目標です。

 

大阪に行った

 

会社員の時はどこにも旅行に行けなかったので、とにかく旅行がしたかったですね。

なので、GWを利用して、友人と一緒に大阪に行ってきました。

初めての大阪だったのでわからないことが多かったけど、思いっきり満喫してきました。

 

道頓堀の大阪名物の串かつは、やっぱりはずせないですよね!

新世界という響きが厨二臭くて、これまた面白い!

f:id:peketope3:20170710190508j:plain

 

濃厚なソースとマッチしてて美味しかった!

串カツだけでお腹いっぱいになります!

f:id:peketope3:20170710190531j:plain

 

カールおじさん・・・。

f:id:peketope3:20170710190538j:plain

 

グリコのライトアップする瞬間も、ちゃんと拝めました。

初めて生で見て知ったのですが、背景が変わるんですね!

f:id:peketope3:20170710190622j:plain

f:id:peketope3:20170710190625j:plain

 

もちろん、USJにも行ってきました!

f:id:peketope3:20170710190633j:plain

 

ミニオンがめちゃめちゃ可愛かったぁ〜!

ミニオン・ハチャメチャ・ライドはすごすぎて、3回も乗っちゃいました!

3Dメガネなどをかけていないのに、めちゃくちゃリアルで引き込まれますね!

自分がミニオンになるっていうのも面白い!

f:id:peketope3:20170710201206j:plain

f:id:peketope3:20170710201215j:plain

f:id:peketope3:20170710201218j:plain

ハリー・ポッターエリアも行ってきました。

ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーもすごかった!

回ったり飛んだり、本当に箒で空を飛んでる感覚!

f:id:peketope3:20170710202348j:plain

f:id:peketope3:20170710202352j:plain

f:id:peketope3:20170710201230j:plain

 

ジョーズもいた〜!

f:id:peketope3:20170710201227j:plain

 

右側の男性が自分です。リア充満喫してきました!(笑)

いえ、創作仲間です。

f:id:peketope3:20170710201233j:plain

f:id:peketope3:20170710201238j:plain

f:id:peketope3:20170710201240j:plain

f:id:peketope3:20170710201243j:plain

 

2ヵ月前のことなので、思い出しながら記事にしていますが、オンラインでの創作仲間とオフラインで交流できたのは、自分にとって大きな経験でした。

 

実際に会うことによって、問題が起きた時にその人がどんな行動をするのか、どういう価値観を持っているのか。そういった部分が見えてきます。

 

当初は、お互いの腹を探るような当たり障りの無い態度でしたが、今ではお互いによき創作仲間として、それぞれ楽しく活動しています。

 

本当、自分からどんどん人を巻き込んでいく大切さを学ばさせて頂きましたね。

 

デザインフェスタに行った

 

designfesta.com

東京ビッグサイトで行われているビッグイベント。

様々なデザイナーやアーティストたちが集結して、自分たちの作品やパフォーマンスを披露します。

2回目の参加でしたが、ここで得たものも大きかったです。

 

見た限りでは、どの出展にも一つとして同じものは無く、それぞれのアーティストから創作に対する熱意が伝わってきました。こんなものまで!という目を惹くアイデアが満載で、ずっといても飽きない空間でした。

 

ふと、いつもお世話になっているアーティストの方の元へ挨拶に伺った時のことです。

 

「ぺけさんは出展されないんですか?」

 

そう言われました。

 

そこで初めて、自分も出展しようと決意しました。

正直、自分の実力ではまだまだレベルが足りないだろうと思っていました。

だけどはっきり言って、そんなことを考えていては、いつまで経っても出展なんてできません。

 

考える前に、まず動くそこで何か問題が起きたら、その時に考えればいい。

今までは、「考える」と「動く」の順番が逆になっていたんですね。

 

人間は、先のことばかりを考え始めると、急に不安になってきます。

だからこそ、チャンスだと思ったらまずは飛び込むことが大切になってきます。

やると決めたら、あとはやることをやるだけですからね。

それだけに集中することができます。

 

話が逸れましたね。

 

というわけで、デザインフェスタの選考も無事に当選し、

11/11(土)に出展することが決まりました!

 

今から、自分のオリジナルキャラクターのグッズ制作を少しずつ進めています。

 

自分の作品を知ってもらういい機会だと思うので、とことん楽しみたいと思います。

 

作ったグッズは、ブログにも載せていきますので、もし気になるものがあれば、当日のご来場をお待ちしております。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2年間勤めていた会社を辞めました

お久しぶりです。

以前の記事から半年以上もブログの更新を放置してしまいました。

申し訳ありません。

 

さて、この度、今年の3月いっぱいで、2年間勤めていた会社を辞めました

 

今回は、その会社に勤めるまでのいきさつや

退社するまでの思いなどを書きたいと思います。

 

大学生時代

 

普通の4年制大学を卒業後、1年間バイトを経て、デザインの専門学校に入学しました。

 

大学生当時はやりたいことも無く、就活も説明会に行くくらいで、全然やる気が起きませんでした。

はっきり言って、他の人を同じようなスーツを着て、同じような受け答えの面接を受けて、というのが馬鹿馬鹿しくなっていました。なので、途中から全く就活なんてしないで、バイトを続けていましたね。

 

卒業後もバイトを続けている内に、デザインやイラストを一から学びたいと思うようになり、自分で学費を稼いで専門学校に入学しようと決意しました。

というのも、小さいときから絵を描いていた、というわけでもなく、大学生になってから、落書きするのを始めた程度で、それまではデザインやイラストに一切興味ありませんでした!

 

(自分でも当時、結構無謀な決断だと思っていました・・・)

 

専門学校に入学

 

まぁ、専門学校には絵が上手い人がたくさんいました。

もともと絵を描くことが好きで入ってきた人ばかりなので当然なのですが、自分はそこで、初めての挫折を味わいました。

 

才能の無い自分が、絵を仕事にするなんて無理なんじゃないかと。

 

自分はPCで絵を描くことから始めた人間でした。ただ、専門学校では、画材を駆使して、絵の基礎から学ぶ学校だったので、とても苦労しました。

 

それでも、自分で決めたことだし、勉強していくにつれて、段々と上達していく喜びも知ることができたので、無事に卒業することができました。

 

正直なところ、大学生までは「とりあえず」で生きてきた人間でした。

 

とりあえず、高校に入学。

とりあえず、大学に入学。

とりあえず、免許を取得。

とりあえず、就活・・・。

 

そんな自分が、初めて自分で道を選んで達成できたという自信にも繋がったのだと思います。

 

テレビのデザイン・イラスト制作会社に就職

 

業務としては、テレビ番組関連のイラストを描く仕事をしていました。

一例を挙げると、フジテレビの「ものまね紅白歌合戦」のワイプで使用する似顔絵だったり、視聴者にわかりやすく伝えるための状況説明のイラストだったり。

 

なぜテレビなのに写真や動画を使わないのかというと、イラストの方が時間もお金もかからないから。

芸能人の写真を使用するとなると、肖像権やら事務所から買わなければいけないやらで、一人だけで数万円はかかります。それを数十人分買うとすると・・・ね?

 

また、簡単な状況説明のためだけに、動画を撮ったり編集したりする時間ももったいない・・・。

といったいきさつで、イラスト制作会社にイラストを頼んで、編集で映像に差し込むんですね。

 

そんなわけで、テレビ局や番組制作会社から依頼されたイラストを描く仕事をしていました。

 

仕事も最初は楽しかった

 

初めのうちは、自分の描いたイラストがテレビに映ることに感動していました。

友達と一緒に番組をチェックして、テレビに自分のイラストが映ると、「俺の描いたイラストだよ〜!」って自慢したりしてましたね。

 

日勤と夜勤が交互で変わるシフトだったので体調面ではキツかったのですが、定時で帰れるし、やりがいがある仕事で楽しいと思っていました。

 

もちろん、最初から絵が上手かったわけではないので苦労しましたが、日に日に成長を実感できて、仕事の達成感はありました。

途中まで描いたイラストは、次に出勤した人に引き継ぐのですが、完成させてから帰ります!みたいな感じでしたね (笑)

 

怒濤の退職ラッシュ

 

ある程度仕事にも慣れ、2年目にさしかかろうとする頃、一人、また一人と、上司が次々と辞めていきました。職業柄、職場は比較的女性が多かったので、寿退社が理由で辞める方も多かったのですが、平均すると3ヵ月に1人は辞めていましたね。

自分が入社2年目になる頃には、先輩が6人辞めていました。

そうなると、必然的に自分たちの世代に責任ある仕事が回ってくるようになります。

そしてやがて、やりたいことができなくなっていきました。

 

イラストを描くことまでも嫌いになりそうだった

 

元々自分は、イラストを描きたくてデザイン会社に入社しました。

しかし、入社2年目からは、ほとんど自分で描き終わったイラストがありませんでした。

毎日鳴り止まない電話の対応に迫られ、他のイラストレーターのスケジュール管理を任され、クライアントとのメールのやり取り、修正やクレームの対応と、どんどんやりたかったことから遠ざかっているのがわかりました。

 

はっきり言って、自分は電話対応が苦手でした。

イラストが頼んだものと全然違うと怒鳴られたこともあるし、その時間だと編集に間に合わないと急かされもしました。どんなに理不尽なことでも、お金を頂く以上、こちらが頭を下げなくてはいけません。

 

そこで初めて、イラストを描くことだけがイラストレーターの仕事ではないと知ることができました。もちろん、それは頭ではわかっていましたが、これほどまでにイラストが描けなくなるとは思いませんでした。

 

入社1年目よりも勤務時間が増え、12時間勤務が当たり前に。

そんなに時間があるのにも関わらず、まともなイラスト1枚すら描けない日もありました。

 

また、イラストには修正も付きものです。自分が必死に描いたものが、全く違うものなっていることもしょっちゅうでした。やっと完成したイラストでも、やっぱり使わなくなったとキャンセルになることもよくありました。作業代としてお金は頂くのですが、何のために必死に描いたのかわからなくなります。

 

イラストが描けない。描きたいものが描けない。

 

だんだんと自分のやりたいことができなくなるのを実感し、会社を辞めたいという思いが強くなりました。

休日も疲れきった体を休めるために、一日中寝ていました。

趣味の絵を描くことすら苦痛になっていましたね。

ただ、

 

それでも、仕事だから。

みんなが我慢してるのだから。

 

そんな思いが、家と会社の往復だけの一日を作っていたのだと思います。

次第に、自分の体は疲れきっていきました。

 

辞める勇気を与えてくれた人たち

 

そんな希望も見いだせない状況の中、とあるブロガーさん方を知り、セミナーに参加しました。

 

rutty07.com

有名ブロガーのあんちゃさん、るってぃさん、いわたさんによる講演を聴いて、背中を後押しされた気分でした。

 

自分より若い方たちが人生を楽しんでいるのに、俺は何をやってるんだ!と。

俺もやりたいことをして生きていく!と決めた瞬間でした。

とにかくパワーが違いましたね。

もっと気楽に生きていい。その言葉で救われた気がしました。

 

 キャラクターと共に、生きていく

 

そこから、自分がやりたかったことをするために、会社を辞めました。上司には何度か引き止められましたが、思いは変わらないとはっきり伝えました。

 

オリジナルのキャラクターで、ブランドを立ち上げたい!

 

その思いを胸に、会社を辞めてからは自分の絵を描くことに専念しました。

まだまだ始まったばかりですが、好きなように生きるための第一歩を踏み出せた気がします。

 

これからは、ブログの記事ももっと書けるようにしていきたいと思います。

 

長くなりましたが、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

「人生でやりたいことリスト100」を作ったよ

あけましておめでとうございます。ぺけです。

 

まだ、ブログの記事をあまり更新できていませんが、今年は飛躍の年にしたいと思いますので、2017年もよろしくお願いします。

 

さて、みなさんは「人生の100のリスト」というものをご存知でしょうか。

 

 

ロバート・ハリスさんという方が書かれた本なのですが、人生でやりたいことを100のリストにするというものです。

 

自分はこの本を読んでいませんが、好きなブロガーさんが結構やられているみたいなので、せっかくなので自分もやってみました。みなさん、意外と実現してるみたいですね。

 

www.mazimazi-party.com

www.iwata09.com

www.buntadayo.com

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」らしいので、まぁ、1年で100個は難しいですが、これらの達成に向けて、これからの人生を歩んでいけたらと思います。

 

それにしても、やりたいことを100個も出すのってなかなかきつい!

 

ポイントは、

・大小を問わない

・実現できるできないを問わない

・すぐできるできないを問わない

・ただひたすらにリストにしていく

 

これにより、自分の本当にやりたいことが見えてきます。

あれこれ考えると、こんなの無理かな、とか考えちゃうので、無心で今やりたいことだけに集中して下さいね。

 

それでは、長いけど、いってみましょうか!【2017/01/15 更新】

 

  1. 自分のオリジナルキャラクターを世界で有名にする!
  2. 絵を描いて食べていく!
  3. オリジナルキャラクターで雑貨を作る!
  4. アニメを作りたい!
  5. 生でオーロラを見たい!
  6. スカイダイビングしたい!
  7. キューバダイビングしたい!
  8. 海外で働きたい!
  9. 国内外問わず、旅行したい!
  10. 英語をぺらぺらに話せるようにする!
  11. カートゥーンネットワークで仕事したい!
  12. 国内の友達100人作る!
  13. 海外の友達100人作る!
  14. 会ってみたいと思った人には必ず会いにいく!
  15. デザインフェスタで出展する!
  16. 個展を開きたい!
  17. 腹筋割れるくらい体を鍛えたい!
  18. 前向きに生きる!
  19. 他の方の創作っ子たくさん描きたい!
  20. 常に自信を持ち続ける!
  21. 画力向上!
  22. 人見知りを無くす!
  23. 面白い人だと呼ばれるようになる!
  24. 背中のニキビ跡を治したい!
  25. とにかく行動する!
  26. 自分のキャラクターと会話できるようになる!
  27. パン屋さんで働いてみたい!
  28. すぐ眠くなるのを抑えたい!
  29. 活き活きとしたキャラクターを描けるようにする!
  30. 面倒くさがらずに背景も描く!
  31. カービィちゃんに囲まれて暮らしたい!
  32. 「可愛い」を極めたい!
  33. 人の目を気にしない!
  34. 何を言われても貫き通す意思を持つ!
  35. イベントたくさん行きたい!
  36. 禁欲生活を送る!
  37. 毎週ジムに通う!
  38. ストレスゼロを目指す!
  39. 自己否定をしない!
  40. 自由に生きる!
  41. 本場の北京ダックを食べたい!
  42. 自分の本を出す!
  43. LINEスタンプ作りたい!
  44. 30歳までに童貞を捨てる!
  45. 人前で堂々と喋れるようにする!
  46. 便秘を治したい!
  47. カワウソを飼いたい!
  48. 宇宙に行きたい!
  49. ネコを飼いたい!
  50. おいしい海鮮丼が食べたい!
  51. おしゃれをする!
  52. 時間を忘れて、一日中誰かと語り合いたい!
  53. 素敵な女性にハグされたい!
  54. カートゥーンの描き方をマスターする!
  55. 自分のキャラクターを3Dにして動かしたい!
  56. 口下手を治したい!
  57. 滑舌を良くしたい!
  58. 自分の絵のファンを10000人作る!
  59. 死ぬまで描きたい絵を描き続ける!
  60. 「明日死ぬかも」と思いながら、一日一日を大事に生きる!
  61. 無駄な出費を減らす!
  62. 幽体離脱して空を飛んでみたい!
  63. 就職せずにフリーで生きていく!
  64. 時間とお金に縛られないで生きていく!
  65. YoutTubeに動画を投稿する!
  66. お金の勉強をする!
  67. 花粉症を治したい!
  68. Twitterで10000フォロワーを達成する!
  69. Twitterで10000いいね!を達成する!
  70. Twitterで10000RTを達成する!
  71. イルカと一緒に泳ぎたい!
  72. 50歳まで裸眼で頑張る!
  73. テレビに出る!
  74. 月面着陸する!
  75. 親孝行する!
  76. 海に向かって思いっきり叫ぶ!
  77. 街中で、「ぺけさんですか!?」と声をかけられる存在になる!
  78. アレックス・ハーシュさんに会いにいく!
  79. 堤大介さんとロバート・コンドウさんに会いにいく!
  80. J・G・クインテルさんに会いにいく!
  81. ロドニー・グリーンブラットさんに会いにいく!
  82. フォトショとイラレをマスターする!
  83. アナログでも思い通りに描けるようになる!
  84. 色鉛筆をマスターする!
  85. 韓国語がわかるようになりたい!
  86. 回らないお寿司が食べたい!
  87. おいしい蟹をたらふく食べたい!
  88. 60kgまで減量する!
  89. 毎年ひく風邪を何とかしたい!
  90. デッサン力を上げる!
  91. 世の中にカートゥーン好きな人を増やす!
  92. 世の中にお絵描き好きな人を増やす!
  93. 自分のファンアートを10000枚集める!
  94. シェアハウスする!
  95. クラウドファンディングに挑戦する!
  96. キャラクターメイキングを作る!
  97. らーめん せい家より美味しくて安いラーメン店を見つける!
  98. 毎日絵を描く!
  99. ディズニー&ピクサー長編アニメ全部制覇!
  100. 毎日を楽しく生きる!

 

お疲れさまでした。

 

特にあれこれ考えずに、思いつくままあげてみました。半分辺りから、段々捻り出すのがきつくなってきましたね。やりたいことって意外と少ないものなんだなぁ。

 

自分の好みが割と出てるので、誰?何のこと?と思うものもあったかもしれません。(○○さんに会いにいく!っていうのは特に)

わからなそうな単語については、リンク先で詳細を調べられるようにしてありますので、是非確認してみて下さいね。

 

こうして見ると、自分は、アートイラストキャラクターカートゥーンアニメなどが好きなので、その辺りでやりたいことが集中していました。似たような項目もあるけど、まぁ気にしない方向で!あと「10000」という数字がやたら多い!

 

今後は、達成したらその都度更新し、思いついたらリストを増やすのもアリなので、その際も随時更新していきたいと思います!

 

みなさんも、時間がある時はやってみて下さいね!

絵を描いてると必ず思うこと

皆さんは普段、絵を描きますか?

興味が無い方だと、ペンすら持つこともあまりないかもしれませんね。

 

これは絵を描く方だけに限った話ではないですが、絵を描いてると必ずと言っていいほど襲ってくる感情があります。

 

それは、劣等感です。

 

自分より上手い絵をあちらこちらで目にすると、自分の絵がゴミのように思えてきます。(ははは、絵がゴミのようだ

 

しかも、そのような絵が上手い人に限って、自分はまだまだとか、もっと上手くなりたいとか言ってきます。

そういうことを聞く度、見る度に、

 

自分が絵を描く必要無いんじゃないか?

もっと上手い人が描けばいいんじゃないか?

 

そう思ってしまいます。

 

そうなると、絵を描くことが怖くなってきます。

 

下手だと貶されるんじゃないかとか、この程度でこんなに時間かかったの?って思われるんじゃないのかとか、そんな絵、現実ならありえないって言われそうとか、余計なことが頭の中をぐるんぐるんします。

 

そしてついには、絵を描くことをやめてしまいます。

 

実際に言われてやめる人もいれば、言われるのが怖くてやめる人もいます。

 

本来ならば、絵は自由に描いていいのに、

 

こうじゃなきゃいけない

これはおかしい

 

ということを教えられます。

 

ただ、絵が上手くなりたいのであれば、それは避けられない道です。なぜなら、上手くなるには、上手く見せる方法を知らなければいけないからです。

 

さらに言えば、残念ながら絵を見る人の大半は、絵の良し悪しを上手さで判断します。

 

絵は下手だけど、この人の絵は大好き!

 

そう言ってくれる人を見つけるのは、なかなか難しいです。でも、そういう人は必ずいるっていうのも事実です。

 

プロの方でも、絵の技術はそこまでじゃないけど、この描き方、発想はこの人にしかできない!っていう方もたくさんいますよね。

 

見ただけで、あ、あの人が描いた絵だ!ってわかるやつです。

 

では、どうしたらモチベーションが保てるのか。

 

まずは、自分の描いた絵を好きになることです。

 

そのために大事なのは、自分の成長を見つめ直すこと。

 

前より顔は可愛く描けた!とか、背景のパースは上手くいった!とか、少しの発見でいいから見つけてみて下さい。

 

これは絵に限った話ではありません。

 

人は、できなかったことができるようになると、喜びを感じます。

 

達成感というものですね。

 

ただ、最初から大きすぎる目標を立ててしまうと途中で挫折してしまうので、少し頑張れば確実にクリアできる小さな目標を立てていくことが重要です。

 

今日はこれができた!明日はこれをやろう!

 

そうやって、できない自分を嘆くのではなく、今の自分の成長を素直に褒めてあげましょう。できなければ、これからできるようになればいいだけの話なのです。

 

最後に、TEDのデビット・ケリーさんのプレゼンを紹介します。プレゼンは全て英語ですが、字幕があるので英語がわからない方でも安心です。自分にはできない、自分には向いていない。自分の可能性を殺して諦めている人たちに、ぜひ見てもらいたいプレゼンです。

 

www.ted.com

キャラクター紹介③ ねこ

f:id:peketope3:20161117221426p:plain

『ねこ』

 

「あにまてりある」のキャラクター。体を自由に伸び縮みさせることができる能力を持つ。また、頭から生えている毛からビームを出して、生物を「物」に変身させることができる。ただし、5分経つと自動的に元に戻る。たぬきのことが大好き。きつねがたぬきをいじめているのを見かけると、きつねをいろんな物に変えて仕返しをする。好きな食べ物はケーキ。

キャラクター紹介② きつね

f:id:peketope3:20161112195436p:plain

『きつね』

「あにまてりある」のキャラクター。イタズラが大好き。変身が得意で、見たことがあるのものに関しては、大体変身することができる。よくたぬきにイタズラをして楽しんでいる。たぬきとコンビで描き始めたオリジナルキャラクター。好きな食べ物はオムレツ。