ぺけとーぷ

キャラクターと共に生きていく

絵を描いてると必ず思うこと

皆さんは普段、絵を描きますか?

興味が無い方だと、ペンすら持つこともあまりないかもしれませんね。

 

これは絵を描く方だけに限った話ではないですが、絵を描いてると必ずと言っていいほど襲ってくる感情があります。

 

それは、劣等感です。

 

自分より上手い絵をあちらこちらで目にすると、自分の絵がゴミのように思えてきます。(ははは、絵がゴミのようだ

 

しかも、そのような絵が上手い人に限って、自分はまだまだとか、もっと上手くなりたいとか言ってきます。

そういうことを聞く度、見る度に、

 

自分が絵を描く必要無いんじゃないか?

もっと上手い人が描けばいいんじゃないか?

 

そう思ってしまいます。

 

そうなると、絵を描くことが怖くなってきます。

 

下手だと貶されるんじゃないかとか、この程度でこんなに時間かかったの?って思われるんじゃないのかとか、そんな絵、現実ならありえないって言われそうとか、余計なことが頭の中をぐるんぐるんします。

 

そしてついには、絵を描くことをやめてしまいます。

 

実際に言われてやめる人もいれば、言われるのが怖くてやめる人もいます。

 

本来ならば、絵は自由に描いていいのに、

 

こうじゃなきゃいけない

これはおかしい

 

ということを教えられます。

 

ただ、絵が上手くなりたいのであれば、それは避けられない道です。なぜなら、上手くなるには、上手く見せる方法を知らなければいけないからです。

 

さらに言えば、残念ながら絵を見る人の大半は、絵の良し悪しを上手さで判断します。

 

絵は下手だけど、この人の絵は大好き!

 

そう言ってくれる人を見つけるのは、なかなか難しいです。でも、そういう人は必ずいるっていうのも事実です。

 

プロの方でも、絵の技術はそこまでじゃないけど、この描き方、発想はこの人にしかできない!っていう方もたくさんいますよね。

 

見ただけで、あ、あの人が描いた絵だ!ってわかるやつです。

 

では、どうしたらモチベーションが保てるのか。

 

まずは、自分の描いた絵を好きになることです。

 

そのために大事なのは、自分の成長を見つめ直すこと。

 

前より顔は可愛く描けた!とか、背景のパースは上手くいった!とか、少しの発見でいいから見つけてみて下さい。

 

これは絵に限った話ではありません。

 

人は、できなかったことができるようになると、喜びを感じます。

 

達成感というものですね。

 

ただ、最初から大きすぎる目標を立ててしまうと途中で挫折してしまうので、少し頑張れば確実にクリアできる小さな目標を立てていくことが重要です。

 

今日はこれができた!明日はこれをやろう!

 

そうやって、できない自分を嘆くのではなく、今の自分の成長を素直に褒めてあげましょう。できなければ、これからできるようになればいいだけの話なのです。

 

最後に、TEDのデビット・ケリーさんのプレゼンを紹介します。プレゼンは全て英語ですが、字幕があるので英語がわからない方でも安心です。自分にはできない、自分には向いていない。自分の可能性を殺して諦めている人たちに、ぜひ見てもらいたいプレゼンです。

 

www.ted.com

広告を非表示にする